「エリザベート」東宝版ミュージカルについて。「生で舞台を見るまでの長い道のり」

初めて「エリザベート」の存在を知ったのは、

駅のホームに「エリザベート」のポスターが貼ってあった時で、

この時のエリザベートは一路真輝さんでした。

トート閣下は山口祐一郎さんと内野聖陽さんのWキャスト。

でも、この時期はネット上にはほとんど情報がなくて、

面白そうだけと、東京に行かないと見られない劇だな、

と、あっさり諦めたんです。

その後、宝塚版を見て「エリザベート」にハマり、

いつか東宝版を「観劇」するぞ!と決意しました。

それで、そのための予習として、

まず宝塚版エリザのDVDを見まくり、

IMG_0306.jpg

宝塚版翻訳小説を読みまくって、

IMG_0320.jpg

中古屋さんで花組公演CDを入手、聞きまくっていましたね。

IMG_0319.jpg

そして、中古屋さん巡りの中で、ついに東宝版CDを発見!!

IMG_0309.jpg

中古なのに2000円以上したから、躊躇したけど、

結局買いました。

元々の値段が5000円以上するから仕方がないと思って。

これも何度も聞いて予習予習!

これで気づいたのですが、

東宝版には、宝塚版の名台詞、

トートの「死ねばいい!」がないのです。


それに該当するセリフはあるのですが。

そして、地理的に東京の帝国劇場まで行くのはお財布的に難しい、

一番手近な劇場にまわってくるのをじっと待つこと数年。

ついに!

ついに2016年、福岡の博多座にやってきました。

「エリザ」だけのために博多座会員になり、

キャスト表を見ながら、なるべく見たいキャストが集まっている日を狙い、

チケット応募用紙に記入して、ポストに投函。

そして……

来たのは、第一希望の日にちの井上芳雄トート閣下の公演!

1階席の左側7列目の席!

2階席最前列中央も良いのですが、今回は役者の顔が肉眼で見ることができる

場所をゲットしました!

きたる夏のある日、私は、家族と一緒に福岡の博多座に

地下鉄を乗り継いで乗り込みました!

まずは博多座名物の「きんつば」を買い、

なんでこんなに高いんだ、と思えるほど高いプログラムを買い、

これ、本目的は劇としても、次に重要視していた公演グッズ

ダジャレ商品(と思われる)「TODのトートバッグ」を買ったのです。

IMG_0316.jpg

IMG_0315.jpg

IMG_0317.jpg
ちゃんとTOD(トート=死)ってネームプレートも付いてます。


そして観劇。

「結婚式」のシーン、「不幸の始まり」のナンバーで、

井上閣下が一階客席うしろから現れ、至近距離を横切るという幸運に遭遇しました。

後は圧巻の一言、

「生で観劇するのは、やはりDVDとは格が違う!!」

と、大興奮の一時間半、休憩、また一時間半でした。

「エリザベート」は念入りに予習していったので、

誰がいつセリフをしゃべるか、わかっていたので良いのですが、

予習をしてなかったら、難しい曲が多いので、

話を理解できたか、怪しいところでした。

次に何か劇を見る時も、しっかり予習したいものです。

ところで、「エリザベート」も何百回何千回と上演していると、

演出も変わるし、もちろん役者も変わる。

よって、また再演されるであろう「エリザベート」ですが、

演出が変わったりキャストが世代交代したら、

その時は再び見に行きたいと思います。
IMG_0313.jpg





スポンサーサイト
14 : 58 : 05 | 舞台 | コメント(0) | page top↑

エリザベート~愛と死の輪舞~(宝塚歌劇)について。その1「出会いはワンマン電車の天井」

以前、祖母宅に向かう電車の中、何気なく吊り下げ広告を見ると、

そこには超カッコイイ、水夏希さんのトート閣下扮装の、

「エリザベート~愛と死の輪舞~」舞台宣伝広告があったんですよ。

以前、駅のホームで同じ「エリザベート」というポスターを、

見てはいたんですが、

これは男女混合東宝版「エリザベート」だったんですね。

この時は、インターネットで調べても、何も出てきませんでした。

それから時間は経過し、電車の広告を見て、

家に帰ってから、何気なくインターネットで

「エリザベート」

と調べると、

宝塚版の「エリザ」の記事がザクザク出てくる!

それで、無料動画で断片でも宣伝でも上がってないかと

見てみると、運よく断片的に内容を知ることができました。

「すごい!っていうか、ミュージカルって面白いんだな!」

ということで、本屋さんの宝塚コーナーに行ってみました。

すると、埃だらけで本棚の隅に

この6回目再演雪組版DVDがあったんです!

IMG_0306.jpg


勿論、フィルムで包装してあるから、中は新品。

1万円なり

高い!ですが、速攻で買いました。

その日から、ずっとDVDプレイヤーはフル稼働です。

いや、まさか自分が宝塚にハマる日がこようとは

自分自身でも意外でした。

そして時は流れ、何と宝塚が「銀英伝」をやったんですよ

時期的に、丁度良い時に宝塚入門できていたので、

銀英伝@TAKARAZUKAの関連商品の購入準備が、

しっかりとできました。

宝塚の商品を買う日が来るとは……

IMG_0305.jpg IMG_0307.jpg

2012年ごろ、家のDVDとウォークマンは酷使されていました……。



実際に劇場に行ったことはまだないのですが、

いつか、好きな演目がやってきたら

是非、行ってみたいと思います。

観劇って結構お金かかるからねw




21 : 55 : 21 | 舞台 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

安曇@白無地堂

Author:安曇@白無地堂
精神疾患持っています。極度の対人恐怖と不安障害、うつ病で、まともに人と接することができなくなりましたので、人とのつながりを求めてブログをはじめました。訪問足あとやコメントを残していただけたら嬉しいです。
両親の影響で1桁年齢より「銀河英雄伝説」にハマって今に至る、深刻なまでの銀英中毒者です。主に帝国より(軍務尚書や皇帝夫妻が大好き!)ですが、同盟側にも好きなキャラが多数存在します。また「アルスラーン戦記」中毒者でもあり、ナルサスとキシュワードがお気に入りです。
数年前に舞台観劇なども始めました。
最近のお気に入りから隠れた古き良き名作を探してレビューしていきます。様々な派生作品もジャンル問わずに語っていきます!

カテゴリ

未分類 (6)
田中芳樹「銀河英雄伝説」 (7)
銀河英雄伝説OVA(アニメ) (4)
IG版銀河英雄伝説アニメ (1)
舞台「銀河英雄伝説」 (1)
漫画「銀河英雄伝説」 (6)
田中芳樹「アルスラーン戦記」 (0)
アルスラーン戦記アニメ (2)
小説 (4)
漫画 (26)
アニメ (5)
舞台 (2)
ドラマ (11)
映画 (0)
ゲーム (1)
音楽 (2)
趣味 (7)
手工芸 (0)
生活 (13)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR