「そして誰もいなくなった」を2夜連続で見た!

今しがた、TVで見終わりました。

アガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」日本版ドラマ。

古典だからネタバレもかまわないと思いますので、

最初にあらすじを載せておきます。


ネタバレ注意↓↓↓








sositedaremoinakunatta.jpg




ドラマ【そして誰もいなくなった】のあらすじ

八丈島沖に浮かぶ絶海の孤島・兵隊島に立つ『自然の島のホテル』。
ホテルのオーナー・七尾審から招待状を受け取り、島にやってきたのは、元スポーツ選手やミステリー作家、医師、元刑事など職業も年齢も異なり、何の共通点もなさそうな8人。
島に到着したものの、なんとオーナーの七尾は不在。
彼らを出迎えるのは執事夫婦だった。
いったい何のために招待されたのか、これから何が起きるのか?
とはいえ、まさかこの後に連続殺人事件が起こるなんて誰も思わない。
振る舞われる豪華な晩餐を味わっていると、どこからか謎の声が招待客8人の過去の罪を暴き出す。
不安と猜疑心が渦巻くなか、突然客のひとりが殺される!
これをきっかけにひとりずつ殺害されていき、執事夫婦を含む10人が殺されてしまう。
オーナー七尾とは何者なのか? 殺人犯は誰なのか? 目的は何なのか?

その謎を解くのは、事件を知って島に渡った警視庁捜査一課の警部・相国寺と八丈島東署捜査課の警部補・多々良の2人。
どちらも原作にないキャラクターで、相国寺は天才的な観察眼を駆使して、孤島という巨大な密室で起きた連続殺人事件の謎を解く!



ということで、犯人は判事さんでした。

医者と共犯までは予想できたけど、

肝心の動機とか被害者(曰く被告人)の選別は全く分からないまま、

いや、それさえ分からないまま終わりましたねw

そこが肝心だろ、と思わないでもないですが、まあ、知らないままでも、

納得なストーリー展開でした。

実は私、今回が「誰もいなくなった」を見るのが初めてで、

最初は仲間由紀恵さんが出演してて面白そう、

くらいの気持ちで見始めましたが、

面白い面白い!それにやっぱり、追い詰められていく感じが怖い!

でも、一番助かったのが、ドラマオリジナルキャラである刑事が、

大体の謎を最後に解き明かしてくれるところでしょう。

他の映画とかドラマでは、

最後の被害者が犯人の顔を死に際に見て、

驚愕しながら死んでいってエンド、という展開もあるそうです。

うん、面白かった。



最近はミステリーも久しく見てませんでした。

小さなころは結構刑事ものとかミステリーとか、

見てたと思うんです。

「踊る大捜査線」とか、

更に若い頃、自分が小学生か中学生の時か、

「金田一少年の事件簿」とか、堂本剛さんがはじめちゃん役の時



元SMAPの稲垣さんの金田一耕助もいくつか見ましたが、

ミステリーって何回も作り返していると、

前作との対比が気になって、

面白いオリジナル展開を作ってくれるんですね。



今後、古典ミステリーの新作があったら、見てみたいと思います。

あ、そういえば、私は只今、

アメリカCBSのミステリードラマ「エレメンタリー」シリーズと、

erementari-bwduey.jpg

イギリスBBCの「SHERLOCK」に激ハマり中でした。

sherlockewudfgw.jpg



あんまりミステリーっぽくないのかな、

忘れてたwwwwww

どなたか、エレメンタリーとか、SHERLOCK好きな人は、

居ませんか?

お話ししたいです。

このブログにメッセージを残してくれたらうれしいな♪






スポンサーサイト
23 : 51 : 44 | ドラマ | コメント(2) | page top↑

NHKドラマ「スリル!」黒の章が面白い。

NHKの総合とBSプレミアムで連動してやっている

ドラマ「スリル!」赤の章&黒の章

を見ていますが、黒の章の主人公が

山本耕史さんなので、見ていますが、

面白いです。

suriru!kousiki.jpg


赤の章の方は、警視庁庶務課勤務の詐欺師の娘が、

事件の断片からすいすい事件を解決していく、

スタンダードなミステリーです。

こっちも面白いけど、「黒の章」はもっと面白いです。

chokusou-drama_20170303_04_01.jpg


主人公「白井」は悪徳弁護士ですが、かなり間抜けなキャラで、

事務所の家賃も払えず、

金になる案件を耳にするとすぐに飛びついてしまい、

結局罠にハメられ、時には犯人に利用され、

挙句、一銭も手に入らないどころか、

毎回滞納金や出費が増額していく……

と、いう感じの話です。コメディに近いですね。

large.jpg

この白井という弁護士が山本耕史さんなのですが、

腹黒さ全開ながらもコミカルで憎めないキャラで、

今までシリアスしか知らなかった私も、

かなりのイメージチェンジをしました。

ダサい白井弁護士が「かわいい」です。

00001094103.jpg

山本さんはこういうキャラも行けるんだな、と

毎回クスクス笑いながら見ています。

次の日曜日の夜10時が最終回の4話目なんですが、

黒の章だけで1クールはできるほど、設定が面白いから、

ぜひNHKにはもっと長くやってほしかったですね。

山本さんも演技の幅が広がってきて、

いろんな主演をやっていってほしいです!



とりあえず、今回の「スリル!」赤の章&黒の章の

各最終回を楽しみに、今週は過ごそうと思います。










09 : 47 : 02 | ドラマ | コメント(0) | page top↑

田中作品は日本では実写不可能だが……

ニコニコの「銀英公式さんと語ろう」の中での発表で、

なんと、中国で、

「奔流」が24話連続ドラマ化されるそうです。

本決まりらしい。

honnryuunojissyaka.jpg


「奔流」はかなり昔に読んで、ほとんど内容覚えてないけど、

南北朝時代(西暦500年ころ)の中国の「梁」の国の、

陳慶之という軍師の話と、

梁山伯と祝英台(漢字違うかも)」の話のミックスだったような。

それが、中国で実写化です。

これって、中国人が「関ケ原」を書いて、

日本のNHKで実写化するようなものなんだって。


すごすぎる。

で、日本人が見れるかに関しては、

おなじみの秘書の安達社長が、

中国側とDVDの交渉を行っているそうです。

私としては、レンタル屋さんにでも並んでくれれば、完璧なんだが。

放送は、2017年か2018年か、そのあたりらしく、

日本に来ることができるのは再来年くらいかな、と思います。

来てくれたらいいな。

来てほしいな。






11 : 16 : 34 | ドラマ | コメント(0) | page top↑

時代劇「陽炎の辻~居眠り磐音、江戸双紙~」その4「古本屋でラッキーな発見」

見つけました!

陽炎の辻第2シーズンのムック本と、
IMG_0286.jpg


陽炎の辻第3シーズンのムック本!
IMG_0285.jpg


中は、インタビューとか各話内容紹介とか、用語解説など豊富ですが、

一番うれしいのは、撮りおろしの二つ折りポスターでしょうか。

磐音が黒と赤の着流しで、全身像とか剣を抜いたショットとか、満載です。

陽炎の辻ドラマ好きだったら、持っていて価値のある本だと思います!





17 : 22 : 13 | ドラマ | コメント(0) | page top↑

時代劇「陽炎の辻~居眠り磐音、江戸双紙~」その3「第1シーズン、安定のストーリー展開」

第1シリーズは、
主人公磐音が江戸勤番から豊後関前藩(大分県)に戻ってくるが、
磐音たちの藩政改革派に反対する国家老によって罠にはめられ、
幼馴染を上意討ちし、その妹で許嫁のヒロイン奈緒と別れ、脱藩する。
江戸にやってきて、橋の上でヒロインおこんと出会い、長屋暮らしを始める。
生活の糧は、ウナギ割きの早朝バイトと両替商今津屋などでの用心棒。




1話45分で毎回悪者を成敗する(みねうちで)、というシンプルなものですが、

次第に自分が国家老にハメられたことを知って、復讐に動き出したり

別れた許嫁の奈緒が遊女屋に身売りしたことを知ったり、

おこんが磐音に惹かれていったり、と

ドキドキな展開になっていく、という感じです。




両替商がよく出てくるので、お金の話をよくするのですが、

現在のお金で換算すると、

1文=20~25円、1両=10万円

くらいでしょうか。

すると、「千両箱」という言葉をよく聞きますが、

あれって1億円くらいの事なんですね

思ったより大金で、びっくりです。




17 : 18 : 07 | ドラマ | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

安曇@白無地堂薊庭

Author:安曇@白無地堂薊庭
両親の影響で1桁年齢より「銀河英雄伝説」にハマって今に至る、深刻なまでの銀英中毒者です。主に帝国より(軍務尚書や皇帝夫妻が大好き!)ですが、同盟側にも好きなキャラが多数存在します。また「アルスラーン戦記」中毒者でもあり、ナルサスとキシュワードのファンです。
数年前に舞台観劇なども始めました。
様々な派生作品をジャンル問わずに語っていきます!
手工芸も始めました!作業写真を撮影して、作品も掲載していこうと思います!

カテゴリ

未分類 (4)
田中芳樹「銀河英雄伝説」 (5)
銀河英雄伝説OVA(アニメ) (3)
IG版銀河英雄伝説アニメ (1)
舞台「銀河英雄伝説」 (2)
漫画「銀河英雄伝説」 (5)
田中芳樹「アルスラーン戦記」 (0)
アルスラーン戦記アニメ (2)
小説 (4)
漫画 (3)
アニメ (5)
舞台 (2)
ドラマ (9)
映画 (0)
ゲーム (1)
音楽 (2)
趣味 (6)
手工芸 (16)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR