道原かつみ版漫画の「銀河英雄伝説」の思い出

小学生の時から銀英を読んでいる、とは言いますが、

そんな年齢では第1期を理解するのがせいぜいなんですね。

でも、一応「銀英」を読んでいたことには違いないから、

そういうことにしておいてくださいねw

それで、当時読んでいたのが、徳間ノベルズ版の黎明篇(つまり1巻)

それと道原かつみ先生の漫画版です。

当時は5巻とか6巻をよく読んでましたね。

漫画だから、白黒の世界でしたが、どのキャラも格好良くて美形で……

他にあまり漫画もアニメも見ない状況での漫画版銀英の存在って、

すごかったです。

今だから、長髪美形のキャラクターって当たり前だけど、

小学生の私の前に現れた、道原版ラインハルトは、

なんというか、センセーショナルでしたね。

綺麗な人だなあ……と、感心したものです。
reinhard

それに、当時は小学生。

ラインハルトが直情的ですぐキレるシスコン、

失策もあった、ヤンに勝利することにこだわり、

戦略的勝利を自分で潰している、などなど、


彼の短所や欠点など、あまりよく分からなかったのです!

ラインハルト=有能な英雄で主人公。

この式が私の認識のすべてでしたw。

アムリッツァの戦いをよく読んでいたことも、原因でしょう……。



ところで。

小学生の眼力では、ヤンとポプランが時々見分けがつかなかったです

デュアル文庫版の挿絵まで、ポプランの髪にトーンが貼ってなかったから、

ヤンとポプランは髪がそっくりに見えたんですよね。
yang populin
左がヤン、右がポプラン





スポンサーサイト
11 : 13 : 43 | 漫画「銀河英雄伝説」 | コメント(0) | page top↑
<<漫画「風よ、万里を翔けよ」と、再度漫画化されていた!こと。 | ホーム | 最初の記憶 銀河英雄伝説OVA>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

プロフィール

安曇@白無地堂薊庭

Author:安曇@白無地堂薊庭
両親の影響で1桁年齢より「銀河英雄伝説」にハマって今に至る、深刻なまでの銀英中毒者です。主に帝国より(軍務尚書や皇帝夫妻が大好き!)ですが、同盟側にも好きなキャラが多数存在します。また「アルスラーン戦記」中毒者でもあり、ナルサスとキシュワードのファンです。
数年前に舞台観劇なども始めました。
様々な派生作品をジャンル問わずに語っていきます!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
田中芳樹「銀河英雄伝説」 (4)
銀河英雄伝説OVA(アニメ) (3)
舞台「銀河英雄伝説」 (2)
漫画「銀河英雄伝説」 (4)
田中芳樹「アルスラーン戦記」 (0)
アルスラーン戦記アニメ (2)
小説 (4)
漫画 (3)
アニメ (5)
舞台 (2)
ドラマ (9)
映画 (0)
ゲーム (1)
音楽 (2)
趣味 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR