森山絵凪「モンテ・クリスト伯爵」感想③

IMG_1309.jpg

私が持っている小説「モンテ・クリスト伯爵」の解説に、

「モンテ・クリスト伯爵」は3つの区分から成り立っている。

「イフ篇」「イタリア篇」「パリ篇」だ。

……と書いてあった記憶があります。

という事で、前回森山絵凪「モンテ・クリスト伯爵」感想②の続き、

今回からいわゆる「イタリア篇」に入ります。





以下ネタバレ含みます。注意!!
↓↓↓↓↓





IMG_1315.jpg
第5話です。
前回から9年の歳月が経過し、舞台はイタリアへ。
フェルナンとメルセデスの息子アルベールが、友人のフランツと共に
イタリア旅行にやってきますが、「どこかの大富豪」が、宿を貸し切ってしまい、
裏通りのボロ宿に押し込められる羽目に。
其処に、「モンテ・クリスト伯爵」と名乗る人物から、
宿をプレゼントするという知らせが入り、
二人はそろって出かけ、モンテ・クリスト伯爵に出会います。
そして、謝肉祭をともに楽しむのですが、
ある夜、アルベールがローマに現れるという賊ルイジ・ヴァンパに誘拐され、
フランツは身代金を要求されます。しかしフランツの持ち合わせでは足りず、
フランツはモンテ・クリスト伯爵に助けを求めます。
しかしなんと、ルイジ・ヴァンパと顔見知りである伯爵のおかげで、
アルベールは無事に救出され、アルベールは自分の命の恩人として、
モンテ・クリスト伯爵をパリの自宅に招き友人たちに紹介
……要するにパリ社交界への橋渡しをしたわけです。
そこでモンテ・クリスト伯爵はフェルナン・ド・モルセール伯爵に会い、
更に夫人のメルセデスに会うのですが、
メルセデスはモンテ・クリスト伯爵に会った途端、
何かショックを受けたようによろめいてしまいます……


これが第5話のあらすじです。

毎回あらすじを頑張って要約して書いていますが、

実際の漫画は一コマ一コマすべてに

濃い情報が組み込まれており、

一コマとて読み飛ばすことができないようになっています。


ここでようやく

エドモン・ダンテスが「モンテ・クリスト伯爵」を名乗り始めます。

この第5回はアルベール子爵の登場回になりますが、

この漫画でのアルベール子爵は無邪気で純粋な子供に描かれていますね。

まあ、其処に伯爵が付け込んでくるわけなのですが……。

アルベールのビジュアルは、どちらかと言うとメルセデスに似ています。

これは、後々のアルベールの結末が描かれた時、父親に似ていたら、

何だか悲惨だと思う、からでしょうか?

それと、アルベールのパリの友人たちの中から、

モレル社長の息子マクシミリアンが実直で勇敢な軍人として再登場します。

これも後のヴァランティーヌ・ド・ヴィルフォール関係のエピソードで

重要な役割を果たすわけですから、

絶対いなければならないキャラですよね。

ビジュアルが誠実を絵に描いたような好青年です。



IMG_1316.jpg
第6話です。
謎に包まれたモンテ・クリスト伯爵に、パリの社交界は注目の眼を向けます。
そして、モルセール家のパーティーで、モンテ・クリスト伯爵はついに、
フェルナン、ダングラール、ヴィルフォールの3人と対面します。
そんな中、メルセデスがモンテ・クリスト伯爵にエスコートを求め、
2人きりで話をします。
メルセデスは薄々と伯爵の正体に気づいているのか、いろいろと質問をしますが、
モンテ・クリスト伯爵が「以前の許嫁が恋敵と結婚した」
という話をすると、青ざめます。
そんなメルセデスの腕を振り払って、モンテ・クリスト伯爵は
そっけなくその場を立ち去るのでした。

第6話です。

メルセデスは前の5話で出会った瞬間に、

モンテ・クリスト伯爵の正体に気づいていますね。


そして、確信を得ようとエスコートを願うけど、

確信がさらなる確信に変わるほど、

恐ろしくなっていっています。


昔の死んだはずの許嫁が生きていて、

復讐しに来た、って分かるわけですから。

このあたりのメルセデスの心理描写も見事というほかありません。

本当に伯爵も過去を断ち切って、復讐だけに生きている、

そんな姿を見せつけてくれる話数です。



次はいよいよ本格的に復讐が始まっていきます。

つづく。


森山絵凪「モンテ・クリスト伯爵」感想①
森山絵凪「モンテ・クリスト伯爵」感想②
森山絵凪「モンテ・クリスト伯爵」感想④
森山絵凪「モンテ・クリスト伯爵」感想⑤
森山絵凪「モンテ・クリスト伯爵」感想⑥
森山絵凪「モンテ・クリスト伯爵」感想⑦
スポンサーサイト
08 : 38 : 16 | 漫画 | コメント(0) | page top↑
<<森山絵凪「モンテ・クリスト伯爵」感想④ | ホーム | 相互リンクを許可していただきました!>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

プロフィール

安曇@白無地堂

Author:安曇@白無地堂
精神疾患持っています。極度の対人恐怖と不安障害、うつ病で、まともに人と接することができなくなりましたので、人とのつながりを求めてブログをはじめました。訪問足あとやコメントを残していただけたら嬉しいです。
両親の影響で1桁年齢より「銀河英雄伝説」にハマって今に至る、深刻なまでの銀英中毒者です。主に帝国より(軍務尚書や皇帝夫妻が大好き!)ですが、同盟側にも好きなキャラが多数存在します。また「アルスラーン戦記」中毒者でもあり、ナルサスとキシュワードがお気に入りです。
数年前に舞台観劇なども始めました。
最近のお気に入りから隠れた古き良き名作を探してレビューしていきます。様々な派生作品もジャンル問わずに語っていきます!

カテゴリ

未分類 (6)
田中芳樹「銀河英雄伝説」 (9)
銀河英雄伝説OVA(アニメ) (4)
IG版銀河英雄伝説アニメ (3)
舞台「銀河英雄伝説」 (1)
漫画「銀河英雄伝説」 (6)
田中芳樹「アルスラーン戦記」 (1)
アルスラーン戦記アニメ (2)
小説 (4)
漫画 (26)
アニメ (5)
舞台 (3)
ドラマ (11)
映画 (0)
ゲーム (1)
音楽 (2)
趣味 (10)
手工芸・園芸 (1)
生活 (21)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR