森山絵凪「モンテ・クリスト伯爵」感想⑦

IMG_1309.jpg

ここまで読んでくださった皆様、ありがとうございます!

「森山版モンテ・クリスト伯爵」感想の最終章です!

とにかくこの本は凄いです!

では、最後のあらすじに参ります!

前の記事森山絵凪「モンテ・クリスト伯爵」感想⑥の続きです。



以下ネタバレ注意!!!
↓↓↓↓↓




IMG_1322.jpg
最終話です。
自分のやってきたことが間違っていたのではないか、と
復讐に躊躇したモンテ・クリスト伯爵は、
久々にシャトー・ディフを訪れます。
そしてそこにあったファリア司祭の遺品から、
自分が正しいという確証と同時に、
すべての復讐が終わった時の身の処し方の啓示を受けます。
一方、イタリアまで逃げていたダングラールは
其処でルイジ・ヴァンパ一党に拉致されてしまいます。

牢獄の中、水も食料も有料でしか与えられず、
逃げ出してきた時に持ち出した500万フランのなかから
金と食料と交換しながらダングラールは生きようとしますが、
一向に解放してくれる気配がありません。
このままでは飢え死にすると恐怖したダングラールは、
手持ちの残りすべての5万フランを払うからどうか生かしてくれ、
と頼みます。餓死の苦しみと恐怖に充分後悔したとき、
目の前に現れたのはモンテ・クリスト伯爵でした。
そして、ようやくダングラールは伯爵の正体に気づきます。
そんなダングラールを伯爵は許し、
食糧と残りの5万フランを与えて解放し去っていきます
が、
ダングラールは一瞬のうちに髪が白髪に変わっていました……。
そして、最後のシーンです。
モンテ・クリスト島に招かれたマクシミリアンは、
約束通り1か月生き続けました。
しかし、ヴァランティーヌを失ったと思っている彼に
希望を持たせることはできませんでした。
そんな彼に、伯爵は死ねる薬だと言って
ヴァランティーヌに飲ませたのと同じ薬を飲ませました。
薄れゆく意識の中でマクシミリアンが見たのは、
ヴァランティーヌの元気な姿でした……。
一方、仮死状態から蘇生したヴァランティーヌは、
この一か月、島でエデに世話してもらったことの礼を述べ、
伯爵はこれからもエデと一緒にいてやってほしいと望みますが、
伯爵を真剣に愛し、彼が居なくなることに死ぬほど耐えられないエデは、
伯爵と離れることを拒み、伯爵もエデと共に人として生きることをを受け入れ、
2人で船に乗って去っていきます。

そして、ヴァランティーヌと同じように蘇生したマクシミリアンは、
最後にモンテ・クリスト伯爵からの手紙を受け取るのです。
最後の言葉は、「待て、しかして希望せよ」


私の要約の要領が悪いので、

よく分からないネタバレあらすじを書いていると思いますが、

これがこの漫画の大体のあらすじです。

とにかく一瞬たりとも、

セリフの一言たりとも、

一コマの背景たりとも、

見逃すべき場所はありません。

この一冊、名著だと思います。


原作知ってる人でも知らない人でも楽しめると思いますし、

何よりも絵がキレイ。迫力満点の筆致。

素晴らしいです。

是非布教すべき一冊として、ここまで長々とレビューを書いてきましたが、

本当にこれで税抜き800円でいいの!?ってレベルの漫画です。

是非オススメします。

ここまでお付き合いいただきまして、ありがとうございます!

さて、次の掘り出し物を探しに行こう!



森山絵凪「モンテ・クリスト伯爵」感想①
森山絵凪「モンテ・クリスト伯爵」感想②
森山絵凪「モンテ・クリスト伯爵」感想③
森山絵凪「モンテ・クリスト伯爵」感想④
森山絵凪「モンテ・クリスト伯爵」感想⑤
森山絵凪「モンテ・クリスト伯爵」感想⑥



スポンサーサイト
11 : 31 : 28 | 漫画 | コメント(2) | page top↑
<<漫画本「SHERLOCK ピンク色の研究」感想 | ホーム | 森山絵凪「モンテ・クリスト伯爵」感想⑥>>
コメント
以前レ・ミゼラブルのコミカライズは世界最高レベルのコミック文化を持つ日本でなければ不可能だったという評価がありましたが、このモンテ・クリスト伯にも同じことが言えますね。
日本人として誇らしく思えます。
原作に忠実なラストも良。
最近は宝塚ばかりか本国フランスでもメルセデスと寄りを戻すドラマとかあって納得出来ないものを感じてました。
そう言えばかなり昔、月面都市を舞台にしたSF版岩窟王アニメがありましたね。
アルベール視点のあれも、復讐はエドモンを幸せにはしないというストーリーで、ちょっと悲しいものがありましたが、エドモンの吸血鬼のように青白い顔色というキャラ設定が忠実だったのが印象的でした。
by: 葵猫 * 2017/07/18 15:23 * URL [ 編集] | page top↑
Re: タイトルなし
メルセデスとよりを戻すパターンって、大抵アルベールがダンテスの息子だった、という設定が多い気がするんですよね。私が前に見た映画も宝塚も、アルベールがダンテスの息子になってました。
アニメの巌窟王は見ました。最初はかなり期待していたのですが、本当に救いのない展開で、途中から見るのがつらくなっていきました。まして、最後は誰もかれも死んでしまってるじゃないですか。やはり、アルベール視点だから、必ずしも伯爵の復讐が完遂して伯爵が救われる、という展開にはなりませんよね。原作好きな私としては「えーそんなのありですかー」なアニメでした。しかも、テクスチャで画面がチカチカして目に悪いアニメだったし。あ、でも伯爵の吸血鬼的なビジュアルは好きでしたね。それに、エデが可愛かった。どうしても原作基準に考えてしまうので、私はエデを贔屓してみる傾向があるようです。
レミゼも良い漫画化されると良いですよね。私は話をおおざっぱにしか知らないけど、漫画になったら気軽に見ることができますし。今後のコミカライズに期待します。
by: 安曇@白無地堂 * 2017/07/18 15:50 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

プロフィール

安曇@白無地堂

Author:安曇@白無地堂
精神疾患持っています。極度の対人恐怖と不安障害、うつ病で、まともに人と接することができなくなりましたので、人とのつながりを求めてブログをはじめました。訪問足あとやコメントを残していただけたら嬉しいです。
両親の影響で1桁年齢より「銀河英雄伝説」にハマって今に至る、深刻なまでの銀英中毒者です。主に帝国より(軍務尚書や皇帝夫妻が大好き!)ですが、同盟側にも好きなキャラが多数存在します。また「アルスラーン戦記」中毒者でもあり、ナルサスとキシュワードがお気に入りです。
数年前に舞台観劇なども始めました。
最近のお気に入りから隠れた古き良き名作を探してレビューしていきます。様々な派生作品もジャンル問わずに語っていきます!

カテゴリ

未分類 (6)
田中芳樹「銀河英雄伝説」 (9)
銀河英雄伝説OVA(アニメ) (4)
IG版銀河英雄伝説アニメ (3)
舞台「銀河英雄伝説」 (1)
漫画「銀河英雄伝説」 (6)
田中芳樹「アルスラーン戦記」 (1)
アルスラーン戦記アニメ (2)
小説 (4)
漫画 (26)
アニメ (5)
舞台 (3)
ドラマ (11)
映画 (0)
ゲーム (1)
音楽 (2)
趣味 (10)
手工芸・園芸 (1)
生活 (21)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR