漫画本「SHERLOCK 大いなるゲーム」感想

IMG_1326.jpg

英国BBCのドラマ「SHERLOCK」第1シーズンのコミカライズ、

第3話「大いなるゲーム」の漫画本です。

前回の「SHERLOCK 死を呼ぶ暗号」の続編です。

今回からモリアーティが実像として登場です。

前にも書いた通り、私はシャーロキアンでもなければ、

聖典を一冊も読んでいない初心者ですが、


現代版シャーロック・ホームズ

……PCとかスマホを使い放題、

移動は自動車とかタクシー、

犯人のDNAとかが証拠になるなど、

現代科学満載のミステリー……


にハマって、

現在「SHERLOCK」第4シリーズ放送の合間に、

前のシリーズの復習をしています。

多分、漫画本としては最終巻であろうと思われます、

今回の「SHERLOCK 大いなるゲーム」。

事件が5つ+マイクロフトからの依頼で、

一時間半のドラマに6つ事件と推理が出てきて、

これをどうやって一冊の漫画本に収めるのか、

と、正直2冊になっているのではないかと心配していましたが、

綺麗に1冊にまとめてありました。

シャーロックの退屈さに対するイライラさとか、

クレイジーな感じとかも、良く出ていたと思うし、


人の命がかかっているのに

推理を淡々とし続けるシャーロックに

「何とも思わないのか」と怒るジョンにも

充分共感できますし、


ジム・モリアーティに感じる嫌悪感も、絵から感じ取れます。

吹き替え版放送時のジムの独特な高い声も、

脳内再生楽勝でしたw





久々に漫画本で見返したシーズン1でしたが、

最初の「SHERLOCK」はそういえばこんな風だったな、と

思い出すことができました。

やはり、TVで録画なりブルーレイなりで90分間

じっくりと見直すことがベストとは思います
が、

最初の頃はどうだったかな?と思ったときに、

手っ取り早く見直せる点で、漫画本は便利です。

何より、手をちょっと伸ばせば、本棚の

ベネディクト・カンバーバッチのシャーロック

に手が届くわけですから。

3冊「SHERLOCK」を見てきましたが、

構成、作画と話の内容を個人的に評価すると、

一番最初の「ピンク色の研究」が一番の

良書だったと思います。


※第2シーズンの復習は大事にしまってある
録画を見ようと思います。
「あの女性」は「あの女性のテーマ音楽」と
一緒に見ていたいので。





漫画版「SHERLOCK ピンク色の研究」感想
漫画版「SHERLOCK 死を呼ぶ暗号」感想







スポンサーサイト
18 : 55 : 17 | 漫画 | コメント(0) | page top↑
<<本日、ドラマ「SHERLOCK4」第2話放送日です。 | ホーム | 漫画本「SHERLOCK 死を呼ぶ暗号」感想>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

プロフィール

安曇@白無地堂

Author:安曇@白無地堂
精神疾患持っています。極度の対人恐怖と不安障害、うつ病で、まともに人と接することができなくなりましたので、人とのつながりを求めてブログをはじめました。訪問足あとやコメントを残していただけたら嬉しいです。
両親の影響で1桁年齢より「銀河英雄伝説」にハマって今に至る、深刻なまでの銀英中毒者です。主に帝国より(軍務尚書や皇帝夫妻が大好き!)ですが、同盟側にも好きなキャラが多数存在します。また「アルスラーン戦記」中毒者でもあり、ナルサスとキシュワードがお気に入りです。
数年前に舞台観劇なども始めました。
最近のお気に入りから隠れた古き良き名作を探してレビューしていきます。様々な派生作品もジャンル問わずに語っていきます!

カテゴリ

未分類 (7)
田中芳樹「銀河英雄伝説」 (5)
銀河英雄伝説OVA(アニメ) (4)
IG版銀河英雄伝説アニメ (1)
舞台「銀河英雄伝説」 (1)
漫画「銀河英雄伝説」 (6)
田中芳樹「アルスラーン戦記」 (0)
アルスラーン戦記アニメ (2)
小説 (4)
漫画 (26)
アニメ (5)
舞台 (2)
ドラマ (11)
映画 (0)
ゲーム (1)
音楽 (2)
趣味 (4)
手工芸 (0)
生活 (6)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR