漫画「源氏物語 千年の謎」第1巻感想

IMG_1337.jpg

宮城とおこ先生の漫画本です。

生田斗真主演の映画「源氏物語 千年の謎」の

コミカライズです。



表紙の光源氏の絵がとてもきれいだったので

思わず買ってしまいましたが、(表紙買い。)

中の絵も一ページ一ページどこも

美麗で、漫画本だけど、画集みたいです。

内容は、「源氏物語本編」と、

源氏物語を実際に目にする

「現実」である紫式部、藤原道長、安倍晴明などが、

登場する場面が交互に描かれています。

道長に頼まれて中宮彰子のために、紫式部は

「源氏物語」を書きはじめますが、

書くにつれて、物語には紫式部の情念が芽生え始め、

女たちとの恋の中で「嫉妬」という怪物に光源氏は、

翻弄されていく、という感じです。

「現実世界」と「物語世界」が書き手の紫式部によって、

繋がっていく話
なんですね。

そのことに気づいた安倍晴明は、

紫式部に何らかの不審を感じ始めます。

段々と六条御息所と紫式部の情念がシンクロしていき、

遂に、紫式部は物語の中で「夕顔」を

六条御息所の生霊を使って殺してしまいます。

一方、「源氏物語」と言えば、光源氏最愛の女性は、

父帝である桐壺帝の妃・藤壺の宮ですが、

元服を済ませた後の光源氏は藤壺の顔を見ることもできません。

しかし、このままでは今生も来世でも結ばれることができない、

と思った光源氏は強引に藤壺に会いに行きますが、

結局義母である藤壺は光源氏を拒否し、

光源氏は虚ろにその場を立ち去る、

……というところで、上巻終了です。



「源氏物語」が、光源氏を主人公とした、様々な女たちとの

恋愛物語だ、と分かっていれば、充分内容は理解できます。

「現実世界」と「物語世界」がクロスする所は、

ちょっと複雑に思われるかもしれませんが、

「現実世界」のキャラと「物語世界」のキャラとで

セリフのフォントが違うので、

すっと頭の中を場面転換することができます。

何よりも絵が美麗で、

平安王朝の絢爛さが良く描かれています。

2巻(下巻)読むのが楽しみです。





漫画「源氏物語 千年の謎」第2巻感想





スポンサーサイト
15 : 27 : 14 | 漫画 | コメント(0) | page top↑
<<漫画「源氏物語 千年の謎」第2巻感想 | ホーム | 漫画「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀4」感想>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

プロフィール

安曇@白無地堂

Author:安曇@白無地堂
精神疾患持っています。極度の対人恐怖と不安障害、うつ病で、まともに人と接することができなくなりましたので、人とのつながりを求めてブログをはじめました。訪問足あとやコメントを残していただけたら嬉しいです。
両親の影響で1桁年齢より「銀河英雄伝説」にハマって今に至る、深刻なまでの銀英中毒者です。主に帝国より(軍務尚書や皇帝夫妻が大好き!)ですが、同盟側にも好きなキャラが多数存在します。また「アルスラーン戦記」中毒者でもあり、ナルサスとキシュワードがお気に入りです。
数年前に舞台観劇なども始めました。
最近のお気に入りから隠れた古き良き名作を探してレビューしていきます。様々な派生作品もジャンル問わずに語っていきます!

カテゴリ

未分類 (7)
田中芳樹「銀河英雄伝説」 (5)
銀河英雄伝説OVA(アニメ) (4)
IG版銀河英雄伝説アニメ (1)
舞台「銀河英雄伝説」 (1)
漫画「銀河英雄伝説」 (6)
田中芳樹「アルスラーン戦記」 (0)
アルスラーン戦記アニメ (2)
小説 (4)
漫画 (26)
アニメ (5)
舞台 (2)
ドラマ (11)
映画 (0)
ゲーム (1)
音楽 (2)
趣味 (4)
手工芸 (0)
生活 (6)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR